FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jazzyyysmile.blog74.fc2.com/tb.php/18-fea09952

-件のトラックバック

-件のコメント

[C28]

そうなんですよ…。医療心理師側が、医療に医療だけの国家資格が必要だと訴える根拠は「医事法制との整合性」であるわけですが、肝心の「医行為性」について具体的に示されたことはないのです。
jazzyysmileさんがおっしゃるように、「ひとつの資格」が利用者にとって望ましいのだという声は大きいと思います。なぜ「ひとつ」にできないかは、医療心理師側のあり方からが原因という面が大きいと思われ、それを全心協の中で伝えたいと思っているのですが、なかなか手強いのです。
jazzyysmileさんのような若手の声を結集して、全心協の幹部に直接伝えることができたらいいのにと思っています。

[C29]

このあたりの議論は、緊ブロの2005年9月25日、「サイコセラピーのリスク」のコメント欄で、活発に議論が交わされていたところです。平(ichi-ishi)の主張もここで、でてきます。

http://kokoroshikaku.cocolog-nifty.com/kinkyu/2005/09/post_3525.html#comments

ご参考までに。(あの頃は、あつかったですね。)
  • 2006-11-14
  • ichi-ishi
  • URL
  • 編集

[C30]

>ichi-ishi様
コメントいただきありがとうございます。
既に一年以上前に議論されていたお考えだったのですね。 リンク先を読ませていただきました。本当に熱い議論ですね。今、もう一度熱く議論すべきときのように思います。今後ともよろしくお願いします。
>つなで様
コメントありがとうございます。
つなでさんは全心協の中の結構えらいひとという印象があったのですが、そんなつなでさんでも全心協内で発言していくのは難しいのですか?全心協の主張よりも、つなでさんの主張のほうが、ずっとずっと整理されているし、多くの心理職の、またユーザーの理解&支持が得られると思うのですが。つなでさんの今後のご活躍に期待しております。

[C31]

>つなでさま
あと、「若手」って私、”自称”若手なんですけど(笑)しっかし、全心協幹部のいうことって???って感じなので、なんとかしたいものです。

[C34] いえいえ

ああ、そういう誤解があるわけですね。
私は、全心協の中では、単に関西地区の研修会をするとき、いつも手伝っていたというだけで、全然「えらい人」ではなかったのです。最初から会員なので、何人かの幹部の人は昔から細々と知ってはいますけれど。でも、昨年、いろいろとあって、自分が全心協に中途半端にしか関わって来ていないのを反省して、中心部に入り込みつつあります。入り込めば入り込むほど、????ということが多く、しかし、私まで匙を投げてしまうと、誰も両方の立場を理解できる人がいなくなってしまうので、今までの全心協の立場を理解しつつ、全体のことを考えられるように一人で弱い声をあげているのです。何とかならないものなのか…。
  • 2006-11-19
  • つなで
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【重要】「臨床心理行為」は「医行為」を含むのか???【重要】

つなでさんのブログのエントリ「日心・日心連の国家資格関連シンポジウムより、平先生のお話まとめ」に、日心シンポでの平陽一氏の発言がまとめられています。


注目すべきは「臨床心理行為に医行為性を認めるのは難しい」と言っている点です。


ロテ職人さんのブログにデスマさんがコメントされていますが、これまでの医療心理師側の主張を根本から覆す本当に重要な論点が含まれていると思います。


つなでさんのブログによると、


仙台高裁判例での「人体に危害を及ぼす恐れのある行為」については、医師の行為の内には、人体に針を刺したり、メスを入れたり、また毒物と一線を引くことのできない薬物を飲ませたり、とまさに行為自体が傷害をもたらす予見可能性をもっており、実質的な人体への危険性を孕んだ行為を行っていることをさし、こうした傷害罪と紙一重の行為を「医行為」として、正当化するために、いくつかの条件を設定することが必要となります。このためには、
① 本人との間で同意が成立していること
② 公序良俗に反しないこと、
③ 具体的に目的方法手順がすべてにおいて明確に一定の水準(医療水準)と照らし逸脱がないことなどがあげられますが、③は、まさに作業標準Standard Operation Procedure (SOP)ですので、これが成り立たない臨床心理業務は、構成要件、因果関係において、臨床心理行為に医行為性を認めるのは難しいということを説明されました。



SOPという観点から医行為かどうかを考えるというのはこれまでにはなかったことです。新しい視点です。これと関連して、「事例性」に注目していることも重要です。

「一部医行為に含まれる」という結論を出したとされている厚科研究においても、事例研究を行った平成9年度の研究班では「医行為に該当するとは言いがたい」という結論が出されたといわれています。参照↓(53ページ~54ページのあたり)


臨床心理行為―心理臨床家でないとできないこと
氏原 寛 田嶌 誠一
4422112899

そうするとデスマさんご指摘のとおり、



医療限定の資格を推進する立場からの、
「心理行為が医行為だから」
という根拠は、法律的には間違っており、
「個々の医師がそう思っているから(あるいは、そう思いたいから)」
ということにすぎないのではないでしょうか。

ということになると思うのですよね。  

医行為といえば、最近医師免許のないピアス販売業者が客の耳にピアス穴をあけて逮捕ってニュースがありましたが、ピアス穴をあけるという行為にはSOPがあるんでしょうね。私はピアスしてないのであまり分からんのですが。


ここまで書いてきて思ったのですが、医行為にもある程度は事例性はあるし、逆に臨床心理行為だってSOPまったくゼロかというとそうではないですよね。ポイントは重点がどちらにあるか、どっちの割合が多いが、どちらにその専門性の本質があるか、ってことだと思います。


・・・とここまで書いてきてあらためてつなでさんのエントリを読み返してみたら、ちゃんと書いてありました。



「疾病性」と「事例性」は、もちろんどの方へのどの職種からの援助にも含まれているものですが、職種によってどちらに重点を置くかが変わって来ます。心理職は、「事例性」に基づくことが本質であり、他の医療職とは決定的に異なるというのが、平先生の考えです。

さあ、どんなもんでしょうか?医療心理師側、というか全心協の主張は本当にもう破綻しているとしかいいようがないと思うのですが。

 




 

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jazzyyysmile.blog74.fc2.com/tb.php/18-fea09952

0件のトラックバック

5件のコメント

[C28]

そうなんですよ…。医療心理師側が、医療に医療だけの国家資格が必要だと訴える根拠は「医事法制との整合性」であるわけですが、肝心の「医行為性」について具体的に示されたことはないのです。
jazzyysmileさんがおっしゃるように、「ひとつの資格」が利用者にとって望ましいのだという声は大きいと思います。なぜ「ひとつ」にできないかは、医療心理師側のあり方からが原因という面が大きいと思われ、それを全心協の中で伝えたいと思っているのですが、なかなか手強いのです。
jazzyysmileさんのような若手の声を結集して、全心協の幹部に直接伝えることができたらいいのにと思っています。

[C29]

このあたりの議論は、緊ブロの2005年9月25日、「サイコセラピーのリスク」のコメント欄で、活発に議論が交わされていたところです。平(ichi-ishi)の主張もここで、でてきます。

http://kokoroshikaku.cocolog-nifty.com/kinkyu/2005/09/post_3525.html#comments

ご参考までに。(あの頃は、あつかったですね。)
  • 2006-11-14
  • ichi-ishi
  • URL
  • 編集

[C30]

>ichi-ishi様
コメントいただきありがとうございます。
既に一年以上前に議論されていたお考えだったのですね。 リンク先を読ませていただきました。本当に熱い議論ですね。今、もう一度熱く議論すべきときのように思います。今後ともよろしくお願いします。
>つなで様
コメントありがとうございます。
つなでさんは全心協の中の結構えらいひとという印象があったのですが、そんなつなでさんでも全心協内で発言していくのは難しいのですか?全心協の主張よりも、つなでさんの主張のほうが、ずっとずっと整理されているし、多くの心理職の、またユーザーの理解&支持が得られると思うのですが。つなでさんの今後のご活躍に期待しております。

[C31]

>つなでさま
あと、「若手」って私、”自称”若手なんですけど(笑)しっかし、全心協幹部のいうことって???って感じなので、なんとかしたいものです。

[C34] いえいえ

ああ、そういう誤解があるわけですね。
私は、全心協の中では、単に関西地区の研修会をするとき、いつも手伝っていたというだけで、全然「えらい人」ではなかったのです。最初から会員なので、何人かの幹部の人は昔から細々と知ってはいますけれど。でも、昨年、いろいろとあって、自分が全心協に中途半端にしか関わって来ていないのを反省して、中心部に入り込みつつあります。入り込めば入り込むほど、????ということが多く、しかし、私まで匙を投げてしまうと、誰も両方の立場を理解できる人がいなくなってしまうので、今までの全心協の立場を理解しつつ、全体のことを考えられるように一人で弱い声をあげているのです。何とかならないものなのか…。
  • 2006-11-19
  • つなで
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

★アマゾン★

プロフィール

jazzyyysmile

Author:jazzyyysmile
精神科クリニックに勤めるうら若き乙女(?)な臨床心理士です☆
誠に勝手ながら当ブログは趣味や臨床心理士についての私の思いや考えを発信することを主な目的としておりまして、メールやコメントをいただいても十分な議論ができない場合があったり、まして相談を受けるなんてことは全く無理だったりしますが、お許しください。
それから更新頻度はゆっくりめですが、こちらも許してねん☆
メールアドレス:jazzyyysmile☆yahoo.co.jp
(☆を@にしてください)

最近の記事+コメント

アフィリエイトです☆

FC2 Affiliate

やっぱ女は美です☆

ショップ美若楽

janda

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

FC2ブログランキング

ぷかレイ読書中☆

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

占いのおねえさん☆

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。