FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jazzyyysmile.blog74.fc2.com/tb.php/16-d03c3ae1

-件のトラックバック

[T6] 国家資格の名称のこと

平先生のお話のまとめを昨日のエントリに書きましたが、そこに抜けていたことがあった

-件のコメント

[C19] 社会心理士という名称

 どうして社会心理士という名称なのかは分かりませんが、日精協の言う理由としては、臨床心理士という名称が一民間団体である臨床心理士認定協会が定めた名称であるため、それを国家資格の名称とするのはふさわしくないということのようでした。確かにそれはありますが、それでも私たちが普段やっている業務を包括的に表わす名称としては臨床心理士以外にはないように私は思いますが。
 社会心理士では、社会心理学の資格のようですし。

[C20]

初めまして。

「臨床」という用語の使用に関してですが、18年ほど前、認定協会が文科省の財団法人として認可され、「臨床心理士」という名称が使われ始めた時、旧厚生省は「臨床という用語は、例えば臨床検査技師、臨床工学技師等、本来、医療分野の職種について用いられるものであり、かかる用語を使用することはいたずらに医療の現場を混乱させるものとなる(要望より一部抜粋)」とその使用を改めるよう、認定協会に要望を出しました(平成2年8月23日)。また、平成2年9月20日の日本医師会新聞でも、このことについて言及しています。

医療関係団体との調整を全くしないで(しなかったのはそれなりの理由があると、認定協会側は主張していますが)、認定臨床心理士事業を推し進めてきてしまった動きがこれまであったことも、また事実です。

jazzyyysmileさんが今、感じているような思いを、もしかしたら18年前にすでに医療関係団体の人々は感じていたかもしれませんね。
  • 2006-11-07
  • まったりねこ
  • URL
  • 編集

[C22] デスマ

はじめまして。お邪魔します。

「調整」しようとはしたのだと思います。
医療領域限定で、大卒か専門学校卒の資格、
という条件の中でしか、
当時の厚生省や、医療関係団体との間では、
話をしてもらえなかったわけで。

修士レベルの資格で医療領域に限らない資格、
あるいはそれが無理としても、
なるべくそれに近い立場の資格制度を推進しようとする立場からすれば、
医療関係団体の意向は意向として、
まずは自分たちの考える資格案で推進して、
実績なり既成事実を作る、というやり方しか、
なかったのだと思います。

そして、いまだに「社会心理士」などという名称案を出している時点で、
「一方的だなー」と、私は感じます。
社会心理学の資格だと思われるじゃないですか。
自分たちから見て整合性があれば、
他の立場の人間がどう思うかは、関係ないのですよね。

医師って、個々の人はまだ個人差があるけど、
組織になると・・・ってのは、
私の個人的な実感です。

[C23]

人様のブログでごめんなさいね。

2~3意見など・・・。

>「調整」しようとはしたのだと思います。

これはそうだと思います。そしてもちろん、相手側がなかなか聞く耳を持たなかったのもあるとは思います。ですが、こちら側も調整の仕方が下手だったのだと思います。

>「社会心理士」などという名称案を

これはね~。さすがに聞いた時は「何?そのネーミング。センス悪~」と思いましたよ。まぁ、これは推測するに「横断的」と言うことを表現する意味でこういう名称にしたのでしょうが・・・。

おそらく名称はこちら側に考える余地があると思いますから、今の臨床心理士の現状に合った、良い名称がつけられると良いですね。

・・・とここまで書いて思ったのですが、もし、とっても良い名称が医療側から案として出てきたら、それ以上の案が思い浮かべなくて、それこそ「自分たちで考えられなかった名称で決まってしまった」ということになってしまいますね。

そういう意味では、「センス悪~」な名称でよかったかも?ですね。

ちなみに名称を「臨床心理士」に出来ないであろう理由は、コメント19の方がおっしゃっている通りです。
  • 2006-11-08
  • まったりねこ
  • URL
  • 編集

[C24] コメントありがとうございます☆

私の感情的になって言いたい放題かいちゃった的なエントリにこんなにもきちんとコメントをいただけて感激です。

「社会心理士」は皆様のおっしゃるとおり、センスの悪いしかも社会心理学の資格?って感じなので絶対なしだと思うのですが、そうするとどういうネーミングがいいのか心理職の側から提案してみたくなりますね。

でも「臨床心理士」って名前じゃだめっていうのは法律的にだめってわけじゃないですよね。ほんとにだめなら法案骨子の時点で違う名前になるはずだし。

それに、厚生労働省の「任用資格」だった「保育士」がそのまま「国家資格」になってるのを考えると、文部科学省の「認定資格」の「臨床心理士」がそのまま「国家資格」になるのもありだと思うのですが。もちろん、「任用資格」と「認定資格」は全然ちがうんだろうなとは思いますが。このへんだれか詳しい方いらっしゃったらお聞きしたいところです。

医師が医療の立場からものをいうのは、もちろんかまわないけれども、全部をまともに受ける必要はないというか一方的に従う必要は全くないと思うのですよ。

それに、医療の側も一枚岩ではなくて、日本精神科診療所協会も、トップの人が個人的感情で猛反対しているだけで、大方の精神科医は「あのまま通っても自立支援法みたいに患者さんを苦しめる法律ではないみたいだし、いいんじゃない?」というのが本音というふうにも聞きます。

(なお、私としては自立支援法ほどでないにしても、2資格1法案は、患者さんに不利益を与える悪法だと思っています。鴨下議員のブログにもそういう書き込みがありましたが)

[C25]

トラックバックをいただいておりまして、ありがとうございました。
上記「社会心理士」ですが、「要するにこの法案には本当は絶対反対なんだよというメッセージを込めたものであると私は思っています。臨床心理職側がこのような名称を受け入れられるわけがないからです。
当の精神科医の中にも、このような主張を心苦しく思っている思っておられる声があるのをを聞いています。
日心のこと、平先生のお話の内容を私のブログに書きましたので、また良かったらコメントなどお願いします。

[C27]

つなでさま
コメントありがとうございます。本気で「社会心理士」なんてネーミングをよしとする精神科医はいないということですね。ある意味安心します。
日心の平先生のお話、読ませていただきました。また、コメントさせていただくかもしれません。今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日心シンポ~「社会心理士」ってネーミングはどうなんだろうか?

日本心理学会での資格問題のシンポジウムの報告が出てきています。


心の探求、あるいは夜の世界 日本心理学会大会


臨床心理職能メモ 日心・日心連の国家資格関連シンポジウムに参加して

ロテ職人の臨床心理学的blog ●【行きたかったけど】資格問題に関するシンポジウム@日心【お金がなかったorz】


私も行ってなくて、参加した人からちょっと聴いたのですが、日精協の修正要求に、名称を臨床心理士でなくて社会心理士にしろってのがあったらしいですね。


日精協の修正要求といえば、緊ブロのコメント欄にトクメイキボウノココロさんが昨年紹介されていたのが思い出されますが、未だに「社会心理士」なんて言ってるとは驚きです。

緊ブロに紹介された文章によると、


1.「臨床」という名称は一般的には医療を表す名称と受け止められている。臨床心理士という名称は「社会心理士」等の名称にするべきである。

ということらしいですが、どうなんでしょうね?「臨床の知」とか「臨床社会学」だとか「臨床」って医療に限った言葉ではないと思うのですが。本気で言ってるのだとしたら、言ってる医者の学識の無さが露になるだけだし、気に入らないからつぶしたいというだけで感情論でごちゃごちゃ言ってるなら黙っててほしいのですが。


 


個人的には「臨床心理士」というネーミングに愛着があるので、今さら「社会心理士」とかいうわけのわからない名前を押し付けられてもしっくりこないというか、しかも何も分かってない外部から押し付けられるとなると、いい迷惑なのですよ。


…と私も感情的になってしまうのだけど。


「臨床」といえば、少し前に冨永良喜氏のブログでも紹介されていて、読んでてそうよね~という感じでした。


ところで、ロテ職人さんがおっしゃっている「本当に心理職の需要は大きいのか?」については、そんなに需要ないと思っています。必要ではあるけど、現在は供給過多。


だから私の主張する「一見スライド制だけど更新制をしっかりして実はバシバシ落としまくる移行措置」をとることが国家資格化のメリットな気もします。国家資格化しなくても、現在の認定協会でやれるならやってほしいけど、たぶんやれないですよね。


現在の認定協会がうっかり認定してしまった余剰な臨床心理士にやめてもらって、あとカリキュラムや実習を充実させて…質の向上のきっかけにすることが国家資格化することのメリットだと思うんですが。なんて、言ってて私も落とされたりしてね。まあ、でもそれならそれで仕方ない。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jazzyyysmile.blog74.fc2.com/tb.php/16-d03c3ae1

1件のトラックバック

[T6] 国家資格の名称のこと

平先生のお話のまとめを昨日のエントリに書きましたが、そこに抜けていたことがあった

7件のコメント

[C19] 社会心理士という名称

 どうして社会心理士という名称なのかは分かりませんが、日精協の言う理由としては、臨床心理士という名称が一民間団体である臨床心理士認定協会が定めた名称であるため、それを国家資格の名称とするのはふさわしくないということのようでした。確かにそれはありますが、それでも私たちが普段やっている業務を包括的に表わす名称としては臨床心理士以外にはないように私は思いますが。
 社会心理士では、社会心理学の資格のようですし。

[C20]

初めまして。

「臨床」という用語の使用に関してですが、18年ほど前、認定協会が文科省の財団法人として認可され、「臨床心理士」という名称が使われ始めた時、旧厚生省は「臨床という用語は、例えば臨床検査技師、臨床工学技師等、本来、医療分野の職種について用いられるものであり、かかる用語を使用することはいたずらに医療の現場を混乱させるものとなる(要望より一部抜粋)」とその使用を改めるよう、認定協会に要望を出しました(平成2年8月23日)。また、平成2年9月20日の日本医師会新聞でも、このことについて言及しています。

医療関係団体との調整を全くしないで(しなかったのはそれなりの理由があると、認定協会側は主張していますが)、認定臨床心理士事業を推し進めてきてしまった動きがこれまであったことも、また事実です。

jazzyyysmileさんが今、感じているような思いを、もしかしたら18年前にすでに医療関係団体の人々は感じていたかもしれませんね。
  • 2006-11-07
  • まったりねこ
  • URL
  • 編集

[C22] デスマ

はじめまして。お邪魔します。

「調整」しようとはしたのだと思います。
医療領域限定で、大卒か専門学校卒の資格、
という条件の中でしか、
当時の厚生省や、医療関係団体との間では、
話をしてもらえなかったわけで。

修士レベルの資格で医療領域に限らない資格、
あるいはそれが無理としても、
なるべくそれに近い立場の資格制度を推進しようとする立場からすれば、
医療関係団体の意向は意向として、
まずは自分たちの考える資格案で推進して、
実績なり既成事実を作る、というやり方しか、
なかったのだと思います。

そして、いまだに「社会心理士」などという名称案を出している時点で、
「一方的だなー」と、私は感じます。
社会心理学の資格だと思われるじゃないですか。
自分たちから見て整合性があれば、
他の立場の人間がどう思うかは、関係ないのですよね。

医師って、個々の人はまだ個人差があるけど、
組織になると・・・ってのは、
私の個人的な実感です。

[C23]

人様のブログでごめんなさいね。

2~3意見など・・・。

>「調整」しようとはしたのだと思います。

これはそうだと思います。そしてもちろん、相手側がなかなか聞く耳を持たなかったのもあるとは思います。ですが、こちら側も調整の仕方が下手だったのだと思います。

>「社会心理士」などという名称案を

これはね~。さすがに聞いた時は「何?そのネーミング。センス悪~」と思いましたよ。まぁ、これは推測するに「横断的」と言うことを表現する意味でこういう名称にしたのでしょうが・・・。

おそらく名称はこちら側に考える余地があると思いますから、今の臨床心理士の現状に合った、良い名称がつけられると良いですね。

・・・とここまで書いて思ったのですが、もし、とっても良い名称が医療側から案として出てきたら、それ以上の案が思い浮かべなくて、それこそ「自分たちで考えられなかった名称で決まってしまった」ということになってしまいますね。

そういう意味では、「センス悪~」な名称でよかったかも?ですね。

ちなみに名称を「臨床心理士」に出来ないであろう理由は、コメント19の方がおっしゃっている通りです。
  • 2006-11-08
  • まったりねこ
  • URL
  • 編集

[C24] コメントありがとうございます☆

私の感情的になって言いたい放題かいちゃった的なエントリにこんなにもきちんとコメントをいただけて感激です。

「社会心理士」は皆様のおっしゃるとおり、センスの悪いしかも社会心理学の資格?って感じなので絶対なしだと思うのですが、そうするとどういうネーミングがいいのか心理職の側から提案してみたくなりますね。

でも「臨床心理士」って名前じゃだめっていうのは法律的にだめってわけじゃないですよね。ほんとにだめなら法案骨子の時点で違う名前になるはずだし。

それに、厚生労働省の「任用資格」だった「保育士」がそのまま「国家資格」になってるのを考えると、文部科学省の「認定資格」の「臨床心理士」がそのまま「国家資格」になるのもありだと思うのですが。もちろん、「任用資格」と「認定資格」は全然ちがうんだろうなとは思いますが。このへんだれか詳しい方いらっしゃったらお聞きしたいところです。

医師が医療の立場からものをいうのは、もちろんかまわないけれども、全部をまともに受ける必要はないというか一方的に従う必要は全くないと思うのですよ。

それに、医療の側も一枚岩ではなくて、日本精神科診療所協会も、トップの人が個人的感情で猛反対しているだけで、大方の精神科医は「あのまま通っても自立支援法みたいに患者さんを苦しめる法律ではないみたいだし、いいんじゃない?」というのが本音というふうにも聞きます。

(なお、私としては自立支援法ほどでないにしても、2資格1法案は、患者さんに不利益を与える悪法だと思っています。鴨下議員のブログにもそういう書き込みがありましたが)

[C25]

トラックバックをいただいておりまして、ありがとうございました。
上記「社会心理士」ですが、「要するにこの法案には本当は絶対反対なんだよというメッセージを込めたものであると私は思っています。臨床心理職側がこのような名称を受け入れられるわけがないからです。
当の精神科医の中にも、このような主張を心苦しく思っている思っておられる声があるのをを聞いています。
日心のこと、平先生のお話の内容を私のブログに書きましたので、また良かったらコメントなどお願いします。

[C27]

つなでさま
コメントありがとうございます。本気で「社会心理士」なんてネーミングをよしとする精神科医はいないということですね。ある意味安心します。
日心の平先生のお話、読ませていただきました。また、コメントさせていただくかもしれません。今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

★アマゾン★

プロフィール

jazzyyysmile

Author:jazzyyysmile
精神科クリニックに勤めるうら若き乙女(?)な臨床心理士です☆
誠に勝手ながら当ブログは趣味や臨床心理士についての私の思いや考えを発信することを主な目的としておりまして、メールやコメントをいただいても十分な議論ができない場合があったり、まして相談を受けるなんてことは全く無理だったりしますが、お許しください。
それから更新頻度はゆっくりめですが、こちらも許してねん☆
メールアドレス:jazzyyysmile☆yahoo.co.jp
(☆を@にしてください)

最近の記事+コメント

アフィリエイトです☆

FC2 Affiliate

やっぱ女は美です☆

ショップ美若楽

janda

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

FC2ブログランキング

ぷかレイ読書中☆

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

占いのおねえさん☆

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。